2007年10月16日

 遊び道具

先日より使っている遊び道具↓

071016_tsurizao-a.JPG
 <釣竿のおもちゃ>



これを追いかけて捕まえるのだが、捕まえた後、くわえたまま、竿ごと引きずりまわすのが楽しいらしい。

誇らしげな顔で、竿を引きずったまま、家中をくまなく歩き回っている。
人間が取り上げるまで決してやめない。

不思議なのは、追いかけて捕まえるときより、引き回しているときのほうが楽しそうということだ。

普通は、追いかけるほうが、狩猟本能が満たされて楽しいんじゃないのか?
引きずり回すことは、狩猟と何か関係があるのか?

何を考えているのか、いまいちわからん・・・。





071015_nerai.JPG





071016_ushiro.JPG
 <後ろ姿>

 
 
 

ニックネーム かに at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り竿遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

 釣竿遊び考察

今日もうー公は、おいらのまわりをうろうろ歩いて、遊びを要求している。

おいらのことを、遊びマシーンだと思っているようだ。



遊びのメインは、相変わらず釣竿遊び(釣竿と糸の先についたおもちゃを人間が動かし、それを猫が追いかけまわすというシンプルな遊び)である。

この遊びは、言葉で書くと簡単そうだが、実はけっこう難しい。猫のレベルに合わせて難易度を調節しないといけないからだ。それに、なかなか終わらせてくれないので時間がかかるため、正直めんどうくさかった。





しかし最近、短時間で猫を満足させるコツがわかってきた。

どうやらこやつは持久力というものが非常に少ない。おそらく、こやつに限らず猫科の動物はみんなそうなのだろう。瞬発力はあるが持久力に欠けるのだ。

なので、家中を広く使って、全力疾走の時間を増やしてやると、案外すぐにへばってくる。そこで水とおやつを与えると、あっさり終了させてくれるのだ。






080108_tsuri-a.JPG
 <つかまえた!>








この遊びは、ただむやみに運動して追いかけまわすだけでなく、

  ・獲物の動きを予測して近道をする

  ・逃げ込んだ獲物の出口を予想して待ち伏せする

  ・獲物が潜んでいる可能性の高い場所を思い出す

などの頭脳プレーも必要で、どうやらそこが猫にウケるらしい。







080108_tsuri-b.JPG
 <こっちから出てくる>





しぶとく釣竿遊びを研究してきたおいらの経験によると、

運動と頭脳のバランスは「運動7:頭脳3」くらいにしてやるのがよく、

そのうち運動は「疾走4:瞬発2:よじ登り1」の割合で要求してやるのがよい。




最初の頃は、おいらもよくわかっていなかったので、瞬発運動やよじ登り運動を多めにしていた。そのため、全力疾走の時間が短すぎて猫が疲れず、いつまでも遊ばされてしまった。

だから全力疾走の時間を増やそうと思ったんだが、走るばかりでは単純すぎて猫が飽きてしまうので、うまくバランスをとらないといけない。

あれこれ試してみて、ようやく、15分くらいで遊んでやれるコツがわかったのである。



それにしても、チビ猫を家で飼うのは、やっぱりたいへんだ・・・。 
  
 
 
 
 



ニックネーム かに at 07:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 釣り竿遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

 釣竿遊び動画

 
 

飽きもせず、今日も「釣竿遊び」をねだるうー公・・・。

おいらはとっくに飽きたんだがな。

でも、疲れさせないと、寝てくれないし。


 


こないだ、釣竿遊びのを動画撮影に挑戦してみた。

やたら元気なので、撮るのは非常に困難だったが、

ちょっと疲れてきたところを撮影成功。







【釣竿遊びの様子】 (動画時間 23 秒)











微妙に「先回り」したりしているのが、おわかりだろうか。


もっとわかりやすい動画を↓に








【先回り成功】 (動画時間 7 秒)











走り回るばかりだと筋肉がつかない気がしたので、


いちおう、登り降りの運動も取り入れてるんだが・・・。


こやつは箱に登らずに、獲物が降りてくるのを待ち伏せするようになりやがった。







【箱に登らなくなった】 (動画時間 34 秒)









人間と同じで、手を抜くための知恵だけは持っているな・・・。






やいこら、手抜きしないで、ちゃんと箱に登れ。


そんでもって、早く疲れて、寝てくれ。



 
ニックネーム かに at 20:46| Comment(10) | TrackBack(0) | 釣り竿遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

 釣りざお改良

 
 
こやつの釣りざおのおもちゃ、

獲物部分がよれよれになってしまったので、

あたらしい獲物と交換した。






himo-pic.JPG






紙袋の取っ手になっていたヒモをほどいて、釣りざおに結びつけた

だけなんだが、これが大ヒットだった。

頭と尻尾の部分に分けたおかげで生き物っぽくなり、

こやつは大興奮なのであった。








himo-pic2.JPG










ちなみに、動きもちょっとトカゲっぽいかも。

動画で見てくだされ↓






【釣りざお改良】(動画時間 14 秒)













続いて、遊んでいるところを動画で↓








【釣りざお遊び】(動画時間 22 秒)













こやつはすっかり気に入って、一度捕まえるとなかなか離してくれない。

やっと口を離したと思ったら、手で尻尾を押さえてたりする・・。

このヒモはツメのかかりがよく、獲物をキープするのに有利なのも、

こやつはうれしいみたいだ。




こやつが獲物をキープいる時間は、こやつはうれしくても、

おいらにはうれしくない時間だ。

おいらとしては、もっと走り回って、早く疲れてもらわないと困る。



しょうがないから、ときどき手でムリヤリ取り上げている。

しかしそうすると、余計に獲物が「いいもの」のように思えて

くるみたいで、こやつはますます離してくれなくなるのだった・・。



 
 

ニックネーム かに at 02:38| Comment(7) | TrackBack(0) | 釣り竿遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

 釣り竿遊びして欲しい

 
 
1ヶ月ほど前に載せたこの動画を、憶えているだろうか。

釣り竿遊びの様子を撮ったものなんだが・・。 ↓↓



【待ち伏せワクワク】 (動画時間 18 秒)

 ※ この動画は再掲載です








1ヶ月前は「こやつは釣り竿遊びが好き」という話をするために

この動画を載せたのだが、今日は、

この動画に映っている「穴あき箱」についての話をしよう。




実は我が家では、

『釣り竿遊びは必ず穴あき箱の横で開始』

というルールになっている。

ルールというか、こやつが勝手に決めやがったんだが・・・。

とにかく、何ヶ月も前から、ずっとそうなのだ。

おいらが釣り竿を手にすると、こやつはスタタッと穴あき箱に

走っていって、ワクワクしながら獲物が来るのを待っている。

だから釣り竿遊びは必ず穴あき箱の横で始まるのだ。



それだけならよいんだが、こやつはおいらが釣り竿を

持っていなくても、穴あき箱の横で獲物を待つ格好をする。

穴あき箱での待ちポーズは、「釣り竿遊びしてほしい」という、

こやつの意思表示なのだ。




釣り竿要求の連続写真 ↓↓


hakokage-0a.JPG

(一度おいらの方をチラ見して、また待つポーズをする・・。)






おいらとしては、この待ちポーズはやめて欲しい。

なぜかというと、こやつの待ちポーズは、しつこいからだ・・。

何しろこやつ、同じ姿勢のまま、1分以上待ってやがるのだ。

しかも、その「1分待ち攻撃」を、連続で2〜3セット繰り返す。

遊んでやれないときにこれをされると、すごいプレッシャーなのだ。





こないだ、やめてくれるように頼んでみたんだけど・・・。


却下されてしまった ↓↓




【それ、やめて欲しいんだけど】 (動画時間 10 秒)







背中を叩いて呼んでも、知らん顔してる。


どうやら、やめてくれるつもりはないようだ・・・。(−_−;)




  *     *     *     *


  ・よろしくお願いします ⇒ 【投票所】
 
ニックネーム かに at 08:11| Comment(22) | TrackBack(0) | 釣り竿遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする