2008年11月26日

 頭をトン

 
 
こやつのおんぶ攻撃に苦しんでいたおいらだが・・・。



最近、おんぶ攻撃が減っている。

別に、叱ってやめさせたわけではない。

(というか、叱ってやめてくれるような猫ではない)





実はおいら、こやつに、

ヒトの頭をトンってしたら遊んであげる

という教育をしてみたのだ。











ton2-2.JPG

 < アタマをトンってしたら遊んでもらえる >









もちろん、こやつがいくら手を伸ばしたところで、イスに座ってる

人間の頭に手が届くわけがない。

だから、遊んでやってもよいと思ったときだけ、

わざと頭を下げて、トントンさせてやるのだ。





以前から、こやつは人間の腕やらアゴやらをつついて注意を引こう

としてたのだが、手を伸ばす様子がちょっとかわいかった。

なので邪悪なおいらは、最も手が届きにくい「アタマ」を目標に

させることで、より懸命に手を伸ばさせようと企んだのである。






「頭をトン = 遊び」というたいへん単純な図式だったせいか、

こやつはあっという間に理解し、必死で手を伸ばすようになった。

そしてその副産物として、「おんぶ減少」という結果が生まれたのだ。

こやつは「おんぶは手間がかかる割に成果が少ない」とでも

思ったのか、おんぶにあまり魅力を感じなくなったみたいである。



やめろと言ってもちっともやめないような猫でも、

もっといいものが見つかったときは、話は別らしい。

「消去」はダメだけど「上書き」ならOKってことだろう。たぶん。








  *     *     *     *







さて、教育のおかげで悪魔チックなおんぶ攻撃は少なくなって、

頭トントンという天使っぽいアピールをするようになり、

それはたいへんうれしいのだが・・・。



よりお手軽な方法を発見したことによって、遊べアピールの回数が

あり得ないくらい増加してしまった。

こやつめ、遊んでやってから10分しか経ってないのに、

またトントンしに来やがるのだ!

なんなんだ、こいつは。

今までなら、一度遊んでやれば、しばらくおとなしかったのに・・。











ton2-1a.JPG

 < もっと遊ぶ・・・ >







『ウザウザ攻撃だけど、回数は少ない』のと、

『控えめアピールだけど、回数がウザウザ』なのと、

どっちがいいのか?


・・・微妙だ。




 
 

ニックネーム かに at 02:57| Comment(13) | TrackBack(0) | 頭をトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする