2007年10月12日

 おっさんが猫ブログ

猫をもらった。

ずっと飼いたかったので、それはいい。
それはいいが、ついでに猫ブログを書かないといけなくなってしまった。
猫をもらうときに、約束してしまったのだ。
近況報告がわりに書くと。


30代後半のおっさんが、猫ブログか・・・。

悪いことではないはずだが、おっさんに猫ブログはあまりにも似合わない。
とりあえず、友達には黙っとこう・・・。


最初からいっぱい書くと疲れるから、今日はこれくらいにしとこ。


10120002.JPG
 <座椅子を奪い取ったうなさん>

↑の写真を撮ろうと近づいたら、なんかちょっと、かぐわしいような・・・。

まさか、また便所で寝っころがったんじゃないだろうな。

 
 


ニックネーム かに at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

 こたつ猫

一昨日、こたつを出した。

猫はぬくいこたつが大好きだから、ウチのうなぎ猫もきっと喜ぶだろうと思っていた。

ところが、予想に反して、こやつはこたつを怖がっていた。
なわばりに突然ヘンなものが入ってきたと思ったのかもしれない。
特に、布団の柄になっているクマの絵が気に入らないようで、ひたすらパンチを加えていた。



でも、だんだん慣れてきて、気に入り始めたようだ。

ただし、暖まる場所としてではなく、隠れる場所としてだが・・・。





071015_kota-b.JPG
 <どこにいるでしょう?>



なんか、猫っていうより、イタチか何かみたいだな。



071015_kota-a.JPG
 <反対側からも>



イタチというより、モグラかな。


 
 
 
 

ニックネーム かに at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

 鳴き声

耳が聞こえない猫をもらうとき、疑問に思ったことがあった。

耳が聞こえない人は、同時に、話すことも難しくなる。
ってことは、耳が聞こえない猫はうまく鳴けない・・・?


071017_fukuro.JPG
 <そんなことして楽しいのか?>




だが、案外、普通にニャーンと鳴いている。

耳が聞こえないからといって、鳴けなくなるわけではないようだ。



ただ、どこかにぶつかって痛いときは、「ウニャー!!」と、ものすごく大きな声を出す。

その声の大きさは尋常ではない。もし都会のマンションだったら追い出されそうなくらい、とてつもない大声である。やはり耳が聞こえないと、音量の調節は難しいのだろうか。





昨日も、また階段から転げ落ちて、「ウニャー!!」と鳴いていた。

触られるのがあまり好きではないうなぎさんだが、痛いときだけは別のようだ。
ヨシヨシとなでて欲しがっている。

ヨシヨシされると嬉しいみたいだと思うのはなぜかと言うと、ヨシヨシされた後は、必ず、べったりまとわりついて離れなくなるからだ。


071017_makura.JPG
 <べったり>



ちょっとかわいいので、「ウニャー!!」の時は、必ず駆けつけてヨシヨシしてやることにしていた。





・・・しかし、それが、大まちがいだった。

でかい声を出すと人間が駆けつけてくるということに、味をしめるようになってしまったのだ。

単にエサが欲しいときや、遊んでほしいときでも、ばかでかい声で「ウニャー!!!」と鳴くようになってしまった。

大失敗。




071017_hako.JPG
 <箱を見ると入らずにいられない>




仕方ない。

しばらくは、鳴いても徹底的に無視するしかないな。

まったく、次から次へと、面倒ばかり起こしやがる・・・・。

 
 
 
 
 
 

 

ニックネーム かに at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

 名前

この猫の名前は、拾い主さんが付けた。
「音の響きがかわいいので“うなぎちゃん”にした」とのことだ。

しかし、本当の理由は別にあるように思えてならない。

それは、これだ↓


071017_unagi.JPG
 <名前の理由?>




普段はあまり感じないが、伸びると異様に長い。

だからうなぎになったのではないかと思われる。





ところで、こいつはもう4ヶ月半にもなるというのに、いまだに30センチ以上の高さの場所によじ登ることができない。

だから、こたつの上にも上がったことがない。
そういう躾ができているのではなく、単に上がれないのである。

これは、平均的な猫に比べて、かなりとろいほうだと思われる。






しかしそんな猫が、最近、スチール棚によじ登ることができるようになった!


071017_2danme-b.JPG
 <スチール棚を制覇した>




登れてよほどうれしいのだろう。降りるとき怖いくせに、何度も何度も登り降りしている。

ほほえましい光景と言えなくもない。


でもよ〜。

その棚は、大事な手紙を整理して置いておくための棚なんだよな。








071018_sanran.JPG
 <手紙をぐちゃぐちゃにしやがった>



お願いだから、早くその棚に飽きてくれ・・・。

 
 
 
 
 
 





ニックネーム かに at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

 棚登り続編

スチール棚の最上段も制覇したうなぎさん。

この棚は、ツメをひっかけるところがあって、登りやすいようだ。



071018_3danme.JPG
 <降り方がわからん・・・>



この後、後ずさりして、後ろ足を中央の段にかけ、1段ずつ降りはじめた。

おいらと妻は、
「おお、人間みたいな降り方してるぞ!」
と感心したのだが、次の瞬間、前足のツメが滑り、ドテッと尻餅。
また「ウニャー!!」と叫んでいた。


とろすぎる・・・。








ところで、こやつの世話は、妻ではなく、主においらがしている。

便所の世話やら、電気コードのかじり防止やら、あれこれと気をつけてやっているのは、ほとんどおいらである。




なのにこやつは、妻のひざにばかり乗っている。



071019_hiza.JPG
 <妻のひざで爆睡中>





乗る回数が妻の方が多いというのではない。

おいらのひざには、まだ一度たりとも、乗ったことがないのである。

なぜだ。




納得いかんぞ・・・・・。


 
 
 
 
 

ニックネーム かに at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

 ひなたぼっこ

仔猫は毎日成長する。
今日はついに、イスに登れるようになった。



071022_isu.JPG
 <イスを制覇>



成長するのはいいことだが、イスに登れるようになると、そのイスが置いてある机やテーブルにも登れるようになってしまう。

今日も、知らない間にイス登りに成功し、そこからテーブルに上って、枝豆の豆殻をガサガサしていた。

これからは、イスをテーブルから離しておかないといけないようだ。
だんだん、人間の生活が不自由になってきたなあ・・・。





話は変わるが、今日の朝、猫がカーテンの裏側に入って寝ていたので、窓辺に座布団を置いてやった。こいつの好きそうな、白い座布団だ。
(単に座布団カバーをはずしただけ)


すぐにお気に召したようで、そこですやすや眠ってくれた。




071022_madobe.JPG
 <窓辺の座布団の上で>




このままずっと寝ててくれれば、すごくラクなんだけどなあ・・・。



ところで、なぜこいつが白い座布団が好きかというと、実はこいつは、耳が聞こえないだけでなく、目もあまりよくないのである。

速い動きに目がついていかないし、視野も少し狭い。
(特に上方視界がだめだ)

もっとも、拾われたときは、極度の栄養失調とばい菌によって、目が全く見えない状態だったそうなので、ここまで回復しただけでも幸運なんだけど。

そんなわけで、白い布の上なら、虫などの外敵が来ても見つけやすいから、安心できるのかもしれない。(その反対に、濃い色の場所や、斑点模様の布は、外敵が発見しにくいから、きらいみたいだ。)

のん気に見えるけど、こいつもいろいろ大変なんだろうな・・。




ただ、こいつがとろいのは、目のせいではないと思う。
ただ走っているだけでコケる猫を、この猫以外にも、今までに2匹ほど見たことがあるからだ。

仔猫の兄弟のなかに、飛びぬけてとろい仔猫が混じっているのを見たことがある人なら、わかってくれると思う。
何匹かに1匹、そういう猫がいるみたいなのだ。

たぶんこいつも、そのうちの1匹だ。

 
 
 
 
 
 
 
 
ニックネーム かに at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

 動物病院

さっき、2回目のワクチンを打ちに行ってきた。
ついでに目も診てもらい、目薬をもらった。

チーン、7千6百円になります。
たっけぇー。
こいつめ、なんだかんだと金かかるなあ・・・。


ところで、こいつは無理に触ると食いつくから、押さえつけるのが大変だろうと思っていた。

ところが、予想に反して、たいへんおとなしかった。
ずいぶん長い時間、診察台の上にいたのだが、食いつく気配は一度もなく、おいらの手にスリスリしながら、ず〜っとゴロゴロいっていた。

獣医師が聴診器を当てようとしたが、いっこうにゴロゴロが止まないので、あきらめてしまったほどである。

えらいぞ、うな公。


071020_osuwari.JPG
 <おすわり>





でも、なんかおかしい・・・。

ゴロゴロいいながら、尻尾をバタバタしていたのだ。


「いったいどっちなんだ?」と言いたくなったが、注射されたり、まぶたをめくられたりしてうれしいわけがないから、尻尾が本心に決まっている。

ただそれ以上に、入院中の犬や知らない人間がいて、怖かったのだろう。
それで怖くておいらにへばりついたついでに、つい、ゴロゴロいってしまったのかもしれない。


行きの車の中はニャーニャーうるさかったが、帰りの車では一声も鳴かずに丸くなって眠っていた。おとなしいものだ。

これからも病院は心配しなくてよさそうだ。






・・・だったらいいんだけど、そんなわけないよな。


家に帰ったとたん、とてつもなく大暴れ・・・・。

ひたすら走り回り、そのへんのものに食いつき&キックしまくっている。


やっぱり、相当いやだったようだ・・・。

 
 
 
 


ニックネーム かに at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

 えさ

猫をもらうと決まったとき、えさに何を与えるか、ちょっと悩んだ。


071025_hanten-a.JPG
 <人が着ているはんてんの上に座らないでくれ>




猫にキャットフードだけ与えていると、だんだん、キャットフードしか食べなくなってくる。

これは人間でも同じだろう。子供の頃、同じものばかり食べていたら、大人になって極度の偏食になる可能性が高い。

つまり、キャットフードしか食べない猫は、極度の偏食状態ということになるかもしれない。


ただ、偏食と言っても、そもそもキャットフードには猫の成長に必要な栄養素がバランスよく含まれているから、栄養が偏るわけではない・・・



・・・と言っていいのだろうか?

キャットフードも、しょせんは人間の浅知恵で考え出された、工業製品に過ぎないからなあ。
そこまで信頼する気にはなれないなあ・・・。
(あくまで、おいら個人の意見である)


というわけで、おいらは、キャットフードを主食として利用しながらも、偏食にならない程度に、いろんなものを、少しずつ食べさせることにしている。(添加剤等は気をつけている)


ちょっと心配だったのは、他にうまいものを知ってしまうと、カリカリを食べなくなるのではないかいうことだ。

しかし、そんな心配をよそに、こやつはカリカリもうまそうに食べている。

むかし実家で飼われていた猫は、カリカリはすごくイヤそうに食べていたが・・・。





071025_hanten-b.JPG
 <人が脱いだはんてんで遊ばないでくれ>



 


やっぱりこいつは、何を考えているのか、よくわからん・・。
 
  
 
 
 
 
 




ニックネーム かに at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

 こたつの正しい使い方

こたつで寝ているうーさんの姿。


071026_b.JPG
 <足の向きがヘンじゃないか?>





以前はこたつを怖がっていたのに、今やすっかりこたつに居ついてしまった。


それはいいのだが、こやつはこたつを隠れ家だと思っているので、必ず中にもぐりこんでしまうのが困る。

こやつは鼻も丈夫じゃないから、点灯したこたつの中で寝ると、乾燥して、また鼻が悪くなる恐れがある。そのため、こたつのスイッチを入れられないのである。


スイッチの入っていないこたつに入っても、人間はちっともうれしくない・・・。




071026_c.JPG
 <すぴーー>




こたつにもぐりこむのは、間違いである。

猫は、こたつに入るのではなく、こたつ布団にもたれるようにして寝るのが、正しい姿だ。










071026_png.JPG
 <正しいこたつ猫の姿>




このようにすれば、背中に適度な温かさが得られて、鼻も乾燥しない。

早くこの使い方を覚えてもらわないと困るな。


 
 
 
 
 
 
 
 

ニックネーム かに at 23:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

 はんてん

また、へんなところにもぐりこみやがった。




071027_hanten-b.JPG
 <それで隠れているつもりか?>






071027_hanten-a.JPG
 <やいこら、出て来い>








どうやら気に入ったようで、出てこない。

しかも、ぬくいところに隠れているうちに、眠くなってきたらしい。





071027_hanten-c.JPG
 <目がとろんとしてきた>








そして、寝た。





071027_hanten-e.JPG
 <すぴーー>






本能のおもむくままに生きてやがる・・・。

おいらのはんてん、しょうがないから貸してやるけど、また鼻水つけるのはかんべんしてくれよな。


 
 
 
 
 



ニックネーム かに at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

 箱座り

最近、よくハコ座りをしているうーの字だが・・・・。




071027_te.JPG
 <箱座り?>








左手の形が、ちょっとヘンではないかい?





だいぶ大きくなったとはいえ、まだちょっと細いから、体の幅が狭すぎて、手が余るのかな?








ところで、このブログは猫の拾い主に見せるために書き始めたんだけど、実はまだ、拾い主に見せていない。

書き始める前からちょっとは予測していたんだが、動物のブログを書くのはけっこう大変だ。

文字だけならともかく、写真を撮るのにすごく手間がかかる。

飽きっぽいおいらが、続けられるだろうか。

(1年以上続いてる人はすごいと思う。しかも内容もおいらのよりずっと面白い。才能の差?)



そんなわけで、途中で挫折するのは拾い主にかえって失礼な気がするので、拾い主への報告は妻にやってもらうことにした。おいらの奥さんは細く長く続けるのが得意なので、快く引き受けてくれた。


ふう。

これでいつでも挫折できるぞ・・・。





となると、このブログを書く必要が全く無くなったわけであるが、飼い猫の仔猫時代の記録が残るのは、ちょっとうれしい。
(ブログの目的としては反則だが・・・)

うーさんはウチに来たとき、体重がすでに1.6kgもあり、だいぶ大人になっていた。

だが拾い主のブログには、体重が0.6kgの頃から記録が残っており、おいらはそれを何度も読み返して、楽しませてもらっている。

これにおいらのへっぽこブログを加えると、体重0.6kgから2.0kgまでの記録が残ったことになる。仔猫時代は1回しかないから、こんなへぼい記録でも、飼い主にとってはうれしい存在だ。

つまり、今おいらは、未来の自分が読むためのブログを書いているのかもしれない。
・・・だとすると、わざわざネットで人様の目に晒す意味がまったく無い・・・。




だが、大変ありがたいことに、ほんの数人だが、たまに読んでくれている人もいるみたいだ。

やはり、たとえ一人でも、読んでくれる人がいるのといないのでは、書くモチベーションがだいぶちがうもんだ。

猫が完全に大人になるくらいまで、がんばってみようかな。




 
 
 
 
 



ニックネーム かに at 02:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

 箱座り練習中

我が家では、メシはテーブルで食っている。

すると猫は、人間が自分を無視してテーブルの上ばかり見ていると思い、寂しくなってくるようだ。



そのため、我が家のうなぎ猫は、自分用のイスに座って、人間の食事に参加するようになった。

といっても、一緒にメシを食うわけではない。

ただイスに座って、人間がメシを食う姿を監視しているだけである。

猫の席はテーブルから少し離れているので、見ることしかできないのである。

あまりやることがないせいか、箱座りしながら、うとうとしていることが多い。(以下はその様子)





071030_hako-b.JPG
 <あいかわらず、左手がヘンだぞ>










071030_hako-a.JPG
 <今度は右手がヘン・・・>












071030_hako-c.JPG
 <それは右手がムリヤリすぎるだろ?>







・・・・まだまだ、練習が必要だな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ニックネーム かに at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

 お嬢様風うーさん

前回、ハナタレ写真を公開したことで、我が愛猫の名誉を著しく損ねてしまった。

飼っているおいらでさえ「バッチイむすめだな!」と思ってしまうほどの、ひどい写真だった。

もしうーさんが人間だったら、きっと激怒しただろう。




なので、バランスを取るために、今回はちょっとお上品に見える写真を載せることにした。

これだ↓









071103_sekkin.JPG
 <お上品っぽい?>





↑この猫が、人間や犬の足にガブガブ食いつくようには、見えない。

それどころか、どこかの「お嬢様」っぽい雰囲気さえ漂っている・・。

(と思うのはおいらだけか?)







正直言って、実物は、こんなんじゃない。

本当はもっとアホタンっぽい顔をしている。

何百分の一の確率で、たまたま、おしとやか風に写ったのだろう。





ウチのうーさんは、ネズミのおもちゃを半殺しにしていたぶる姿が似合うオテンバ娘だから、この写真はインチキである。

でも、前回の写真は、あまりにもひどすぎたからな・・・。

これでチャラってことで。



 
 
 
 
 

ニックネーム かに at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

 かくれんぼ

うちのうーさんは、かくれんぼ遊びが好きだ。



かくれんぼというのは、

1.人間がものかげに隠れる(わざと見つけやすく)。
2.猫が人間を見つける。
3.猫はものかげに隠れながら少しずつ人間に近づき、
4.最後に猫が人間に飛びかかって終わり。

という、たわいのない遊びである。


この遊びは道具がいらないので、いつでも手軽にやれる。

なのでおいらは、機会あるたびに、かくれんぼ遊びをしてやることにしていた。







だが、調子に乗って、やりすぎてしまったみたいだ・・・。




こやつは、四六時中かくれんぼする猫になってしまったのである。

いつも、ものかげから顔だけ出して、人間を覗き見している・・・。

まるでヘンタイだ。











kakure-f.JPG
 <障子の陰から、ジィーーー>









kakure-b.JPG
 <座椅子の陰から、チラリ>









kakure-e.JPG
 <箱の陰からも・・・チラッ>









kakure-d.JPG
 <ふとんの陰からも、チラ〜〜リ>











・・・おい。

人間が隠れてから、おまえが隠れるんだろうが。

こっちが隠れてないのに、おまえだけ隠れてどうする。





大丈夫かなあ、こいつのアタマ・・・。



 
 
 
 

ニックネーム かに at 07:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

 パソコンに・・・

最近、人間がパソコンをしていると、うー公がイスに登ってくるようになった。

例によって、人間が机の上ばかり見ているのが気に入らず、

人間の行動を監視しようとしているのである。









071109_paso_a.JPG
 <パソコンを見つめる猫の後ろ姿>








071109_paso_b.JPG
 <上から見るとこうなっている>






すきあらば画面をつつこうとするので、おいらは机から離れた位置に座らねばならない。

マウスの操作がやりにくく、腕が疲れる。



たいへんじゃまなんだが、ひざに乗られるとちょっとうれしいので、

好きなようにさせてやっていた。







そしたら、突然、ぶえっくしょん

くしゃみしやがった。



パソコンが、鼻水だらけ・・・。

しかも、緑色のやつ。ぶほ!





 <緑色パソコンの写真は自粛>




だーー、もうあっちへ行ってなさい!!



おいらが泣きながらキーボードの隙間に侵入した緑の液体を拭いていると、後ろでがさがさいう音が聞こえる。

なんだろうと思って見たら、













071109_syouji.JPG
 <やっちまったよ>








どうやら夜のうちにやったようで、それをさらに広げて遊んでいた。





朝起きたときは足にウンチつけてやがったし、今日は朝から問題ばかり・・・。

今日は、ろくなことがなさそうな気がする・・・。


 
 
 
 
 
 
 


ニックネーム かに at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

 生かさず殺さず

あいかわらず、釣竿のおもちゃが大好きなうな公。

最近は遊び方が変わり、わざとおもちゃを床に置き、おもちゃが少しでも逃げようとしたら直ちに捕まえるという、「半殺し遊び」をするようになった。




071113_nerai-a.JPG
 <動いたら捕まえる!>







071113_nerai-b.JPG
 <逃げたかったら、逃げてもいいで!>






半殺し遊びに夢中のうなぎさん、あんたも、そういう猫らしい遊び方をするようになったんだね。

以前は、一度捕まえたら、それをくわえたまま得意気に家中をかけまわり、人間が取り上げるまで絶対に離さなかったのに。

猫らしく成長するのはうれしいが、無邪気な姿が見られなくなってちょっとさびしいような・・・。仔猫飼いの気持ちは複雑だ。
 
 
 
 
 
 
 
 続きを読む(写真ナシの駄文)
ニックネーム かに at 08:48| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

 控えめな猫

猫ブログを始めて1ヶ月、早くもネタ切れ状態となった。早すぎる。

でもまあ、当然の結果のような気もする。




もともと、里親募集のコメントで、
『一般的に言って美人と言うタイプではないけど、性格がカワイイです』
という、たいへん控えめな紹介をされていたような猫だ。(←しかも後に食いつき猫であることが判明し、性格賞賛によるフォローさえも怪しくなる。) 外観が控えめなぶん、よほど面白いことをしてくれないと、ネタにならない。

せめて生後6週間くらいのチビ猫なら、どんなに控えめな外観の猫でもじゅうぶん鑑賞に値するんだが、こやつは最初っから「旬」を過ぎまくっている・・・。

いや、決して、おいらのブログがしょうもないのを猫のせいにするつもりはないんだけどね・・。いちおう他人様に見せるものだと思うと、『これならきっと他人様が見てもカワイイはずだ』というような自信がないと、だんだん何を書いていいのかわからなくなってくるんだよな。






あ、そういや、おとといの夜中、パソコン机に登って、キーボードをバリバリしやがったんだった。






071113_key.JPG
 <ボタンをどこにやった?>






よりによって“−”ボタンを壊しやがった。
せめて、どうでもいいボタン(Qとか)にしてくれりゃいいのに。


って、パソコンの写真なんか見ても、面白いわけないよな。

猫の写真は、えーと・・・・・・、





こんなのしかなかった。









071113_soto.JPG
 <外の世界を眺める猫>





外を見ているからと言って、別に外に出たがっているわけではない。

おそらく、チョウチョでも探しているんだろう。



もう寒いから、チョウチョはいないんだよ。

 
 
 
 
 
 
  
ニックネーム かに at 08:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

 猫の性格

猫の毛色と性格の関係について書かれた古い記事を発見した。

少ないサンプルでそんなこと判断できるのかなーと思いつつ、読んでみたら、

なんとなく当たってるような?



その記事はこれ↓

http://allabout.co.jp/pet/cat/closeup/CU20010527C/





ここに書かれている『茶トラデカ伝説』と『黒猫甘えん坊伝説』は、伝説の名の通り、いろんなところで書かれており、もはや通説になっているようだ。「デブ伝説」じゃなくて「デカ伝説」というのが笑える。確かに、茶トラはデブじゃなくてデカいのが多いんだよな。



でもこの記事、肝心の茶白猫が載ってないじゃないか。茶白も書いてくれよ!

・・・と思ったら、記事の上にある「感想を書く」のところに書いてる人がいた。

茶白は『猫なつっこい』だって。他の猫の面倒見がよくて猫なつっこいが、『しつこくしすぎて逃げられることもある』だってさ。ぶはは!

ウチのうー公はまわりに猫がいないから、「猫なつっこい」かどうかはわからないのだが、拾い主の家にいたころ先住の犬にじゃれついていつも逃げられていたので、たぶん当たってる。もしウチにもう1匹猫がいたら、きっとうー公がちょっかいばかり出しているはずだ。

「面倒見がよい」ってことは、仔猫の面倒をみたりするのが好きなのかな。おいらが弱ってるふりをしたら、おいらの面倒も見てくれるのか?


あと「記事への感想」には、『今までいろいろな毛色の猫を観察してきましたが、黒猫がもっとも人に対する情が深いという印象を受けます』と書いている人もいたが、これはおいらもちょっと同感だ。(黒猫飼い以外の人には反論されるかもしれんけど)

おいらも、今まで会った猫のうち、しみじみと心に残っている猫のトップ5のうち3匹が黒猫なのだ。「黒猫は頭がいい」という表現をしている人もいるようで、そうなのかもしれないが、どちらかというと、「人に対する情が深い」という表現のほうがピッタリくる。

他人様の表現を借りるばかりなのも何なので、おいらの言葉で表現すると、「黒猫は人間のように人間を愛する」っていうのはどうかな?
黒猫が、誰にでもなついたりせず特定の人に愛を集中砲火する感じを表現してみたんだが、ちがうかな?・・・ちがうな。人間には、愛を集中せず拡散しまくってる人もいるからな。別の表現を考えないとな。




ありゃ、いつの間にか、うー公の話じゃなくて黒猫の話になってしまった。こうも黒猫を絶賛すると、「なんで黒猫を飼わなかったの?」と言われてしまいそうだが、賢いばかりが猫じゃないからな。

ちょっとアホっぽい猫は、なにしろラブリーだ! 黒猫にはない「小動物のかわいさ」を持っている。仕草を見ているだけでなごむのである。

黒猫は考えていることがよくわかるが、アホタン猫は何を考えているのかイマイチわからない。
しかし、それもまた楽しく、なごめるのである。





あ、うー公の写真を載せないとな。

おっさんのたわごと1万字より、1枚の写真だ。

今日は、えさをねだるうー公↓








071115_esa-a.JPG
 <ごはんまだ?>












071115_esa-b.JPG
 <はやく、はやく>












071115_esa-c.JPG
 <ごはーん!!!>


 
 
 
 
 
  
 
 

ニックネーム かに at 13:04| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

 ひざ猫

いつだったか、うー公が妻のひざにばかり乗って、おいらのひざにはちっとも乗らないと嘆いたことがあったが・・・。


今は、うっとうしいくらい、ひざに乗ってくるようになった!










071109_hozue-b.JPG
 <なぜか、自分の手のひらを枕にするのが好きな猫>







 続きを読む(写真ナシの駄文)
ニックネーム かに at 00:13| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

 テーブルでの出来事

こないだ、食事中にテーブルに上ってくるので困ると書いたが・・・。

なんだかわからないうちに、解決したみたいだ。


昨日、小腹がすいてレトルトカレーを食ったんだが、大辛と書かれているわりにはちっとも辛くない。それで、チリソースを小皿に入れ、好みに応じて追加することにした。

そこに、あほ猫登場・・・。



もはや想像がつくと思うが、こやつはいさんでテーブルによじ登ると、いきなりチリソースの小皿に顔を突っ込んで、チリソースを鼻につけてしまったのである。

拭いてやる暇もなく、びっくらこいて逃げていった。

(こういう落ち着きのない粗忽ぶりはウチの奥さんにそっくりだ)






071118_door2.JPG
 <鼻にヘンなものついた>






相当イヤだったのだろう(そりゃそうだ)、それからテーブルに上がるのをためらうようになった。

だが、まだちょっと上りたそうにしているので、おいらはカレー以外のときもテーブルにチリソース入り小皿を常備してみた。すると、ぴたりと上らなくなったのである。一、二度テーブルに手をかけたが、魔除けの小皿が視界に入っただけで、いやそうな顔をして手を下ろした。

がはは、またしても人間の勝利だ。まいったか!
ほとんど偶然だったけど、勝ちは勝ちだな。









話は変わるが、最近よく見るポーズ。




071118_mochi-b.JPG
 <これは何座り?>




両手をそろえてシッポを巻きつけて座っている。なんか不安定そうに見える座り方なんだけど、この座り方はなんていう座り方なんだろ? こやつは近頃、しょっちゅうこのポーズをしている。

呼び名があるのかないのか知らないが、我が家では勝手に「餅座り」と呼ぶことにした。(なんか白毛が餅みたいに見えたから)



最後にもう1枚。



071118_mochi-a.JPG
 <餅のポーズ その2>




できれば、その台に上るのもやめてくれると、ありがたいんだけどね。 
 
  
 

 
 
ニックネーム かに at 22:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

 毛布がきらい

寒い。もうすっかり冬だ。

猫と一緒に寝ればぬくいんだが、問題がある。

うちの猫は、どういうわけか、毛布が大、大きらいなのだ。


理由はわからないが、こやつは毛布に触れると食いついて暴れるか、逃げていくかのどちらかである。逆においらは敷布団にも毛布をかぶせているくらい毛布大すきだから、まったく趣味が合わない。

というわけで、こやつの寝床は主にこたつだ。しかし、こたつの電源を入れると暑すぎるようで、のぼせたように這い出してくる。こんなに暑くては乾燥して鼻づまりが悪化するのも心配だ。といって、電源を入れないこたつでは、さすがに寒そうである。

で、過保護なおいらは、ホットカーペットを買ってきてやった!

夜中、低めの温度に設定しておいてやれば、乾燥もせず、また寒すぎて体力を消耗することもないだろうと考えたのである。







071122_hot-a.JPG
 <ホットカーペット購入>




071122_hot-b.JPG
 <あほ猫用コードかじり防止処置も完了>







ところがこやつ、ちっともカーペットに乗らない。人間がカーペットに座っていても、まるで結界に入れない霊のように、カーペットのまわりをうろうろ周回している。どうやら、上敷きの表面が気に入らないようだ。

またかよ・・・。

確かに、毛布ほどではないが、フリースのような肌触りである。こやつはフリースもあまり好みではないが、毛布ほどではないので、いいかと思ったんだが。

もうひとつの、じゅうたんっぽい上敷きにすればよかったかなあ。でもあれはツメでバリバリしたくなりそうな生地だったし、布が薄くて心配だった。それで、わざわざ千円余分に出して、ツメを立てても大丈夫な厚みを持っているこの上敷きにしたのに・・・。


なんで毛布がきらいなんだ?

他の動物みたいだからか?

でも毛布が好きな猫も多いよな。

どうにか、毛布を好きになってもらう方法はないものだろうか。





071118_hiza.JPG
 <タオルケットだと怒らない>





071118_debu.JPG
 <爆睡中 on 妻ひざ>





とりあえず、カーペットの上敷きの上にバスタオルを敷いたら、その部分だけは乗せても逃げなくなったが、好んで乗る気配はない・・・。




 
 
 
 
ニックネーム かに at 22:14| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

 のたー

ひざ乗りをすると、何故か人間の腕にあごを乗せる・・・。




071123_nota-a.JPG
 <不自然なポーズ>










両手は乗せず、あごだけ乗せる。




071123_nota-c.JPG
 <のたー>





ヘンな顔。












ところで、おまえ、また妻のひざに乗ってるのかよ。


人間が二人いると、確実に妻を選びやがるな。











071123_nemu-a.JPG
 <おかーちゃん・・・>







てめ、この、さっき魚をほぐしてやったのはおいらだぞ?







071123_nemu-b.JPG
 <おかーちゃ・・・>







かーちゃんがいれば、とーちゃんには用はないというのか?









071123_nemu-c.JPG
 <すぴー・・・>






あてこするように寝やがったよ。

ちきしょう。 


 
 
 
 
 
ニックネーム かに at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

 コテッ

こやつは、眠くなってくるとコックリコックリしはじめるからすぐわかる。


今日は、うー公が眠りに落ちる瞬間を動画で紹介。





動画を載せるのははじめてだから、うまく載せれるかどうか?

3つに分かれているので、順番に再生ボタンを押して見てくだされ。

(時間が惜しい人は、2番目のだけ見るとよろし)








(1)【 こっくりしはじめた! 】(動画時間 9 秒)








(2)【 コテッ 】(動画時間 15 秒)








↑実はまだ少し首を浮かせて粘ってましたが、ついに・・・↓




(3)【 もうだめ・・・ずぶずぶ 】(動画時間 15 秒)

 
 
 
 
というわけで、また今日も、ヘンな格好で寝てしまいました。

おやすみなさい。 
 
 




(28日追記)重くなるので動画を1つ減らしました。 
 
 
ニックネーム かに at 02:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

 もうすぐ6ヶ月

昨日のコテ寝といい、子供っぽい行動が多いうーの字だが、

体はだいぶ大きくなり、顔つきも大人っぽくなってきた気がする。






071126_far.JPG
 <だいぶ大人っぽくなってきた?>







歩き方も、まだトテテテッて感じだけど、たまにノシノシ歩くこともある。






071126_close.JPG
 <子供と大人の中間?>








でも、えさをもらうときの顔は、やっぱり子供・・・。





071126_esa-a.JPG
 <期待に満ちた顔>





 
もうすぐ6ヶ月だなあ。

 
 
 
 
 
 
  
ニックネーム かに at 19:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

 お出迎え

むかし実家で飼っていた黒猫は、家族が家に帰ってくると、ドアを開ける音やただいまの声に反応して、玄関までお出迎えしてくれたものだ。

だが、うーさんは音が聞こえないから、人間が帰ってきても全く気づかず、お出迎えはない。


そのかわり、おいらが後ろからフーと息を吹きかけると、おいらに気づいて、ウニャウニャ鳴きながらスリ寄ってきてくれる。まだ幼いから人間がいないと寂しいようで、うれしそうに寄ってくるのがかわいい。



昨日、そんな様子を動画に撮ってみた。

今回もケータイカメラのしょぼい動画なので映像は見づらいが、ウニャウニャ鳴く声は鮮明に入っているので、ぜひうーさんの声を聞いてやってくだされ。

(最初にフーと息を吹きかける音も入ってしまった、御容赦)




【人間が帰ってきたことに気づかず、外を眺めている猫】(動画時間 15 秒)





猫が歓迎してくれると思うと、家に帰るのが楽しみになる。

やっぱり猫はいいなあ・・・。

 
 
 

ニックネーム かに at 01:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

 獲物

最近寒いので、テレビを見るときは寝転がってフトンをかけて見る。

ホットカーペットの上でフトンをかければ、ぬくぬくである。



でも、そうすると足元でゴソゴソし始める猫が1匹・・・・。







071201_futon.JPG
 <また来たのか>






こやつはホットカーペットにも慣れて、フトンに乗ってくるようになった。

ヨシヨシ、おいらの足の間で寝てもいいぞ。




おや?

何だその顔は?








071201_futon-d.JPG
 <その顔は・・・>





その、ちょっと寄り目の顔は、獲物を狙うときの顔じゃないか!

またかくれんぼか。

今はだめだぞ。今はテレビを見てるんだ。

おとなしく寝てなさい。







071201_futon-c.JPG
 <お、おい、ちょっと待て>




やばい。

フトンから首だけ出しているおいらを狙って、尻をフリフリし始めたぞ。

もはやテレビどころではない。


猫が飛びかかってくると同時に、おいらはふとんにもぐりこんだ。

間一髪でセーフ。

ふう、危なかった。顔にツメを立てられてはたまらんからな。

まったく、恐ろしいやつだ。

そろそろツメ切りしないと、目を刺されそうで怖いぞ。







この後、テレビの続きを見ようと思ったら、また狙ってた。

どうも、フトンをかけてテレビを見ると、猫の視点からはちょうどかくれんぼしてるように見えるらしく、何度もおいらの顔に飛びかかって来た。



結局、座って見た。

 
 
 
 
 

ニックネーム かに at 12:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

 仔猫の体重

 
 
+++++++++++++++++++++++++++
仔猫の体重の話は、妻に「猫の写真が無くてつまらん」
と言われたので、「続きを読む」に移動しました
+++++++++++++++++++++++++++




あ、うー公の写真を貼らないと・・・。

面白い写真がとれなかったから、小さい頃の写真。
(※拾い主様の許可を得て掲載しています)



chibi.JPG
 <3ヶ月ごろ@拾い主宅>


小さい・・・。








hengao.JPG
 <3ヶ月半ごろ@拾い主宅>


へんな顔・・・。

 
 


続きを読む(どーでもいい駄文)
ニックネーム かに at 23:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

 ホットカーペットその後

こやつはホットカーペットに慣れはしたものの、人間がいない時は全く乗ろうとしない。
(人間がいると乗るんだが)

夜も、あいかわらず、スイッチの入っていないこたつの中で寝ていた。



しょうがないから、こたつマットの下に足用の電気アンカを置いてやった。

去年ヤマ○電機で300円で大量に投売りされてたショボい電気アンカなのだが、えらく気に入ったようで、初日からへばりついている。

すごく寒い日は上に乗っかってるし、それほど寒くない日はもたれかかっている。こやつなりに工夫して使いこなすという意味では、カーペットより優れているみたいである。



あんなに熟考して選んだ9千円のカーペットが、投売りの3百円アンカに負けてしまうとは・・・。

人生ってむなしい。





アンカ入りこたつで寝てくれると電気代もごくわずかで済み好都合なんだが、こたつの中は暗くて写真が撮れないのが困るんだよな。

↓これはカーペットに置いているふとんで寝ているときの写真。



071126_nota-a.JPG
 <やっぱりあごだけ乗せてる>



 
 
  
ニックネーム かに at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

 猫通路

リビングのドアに、猫通路を作った。

リビングドアのガラスを1枚抜いて、ポリカ板をはめただけだが。



071209_nekotobira-a.JPG
 <猫の通路>



このリビングドアは、猫のためにずっと開け放していたんだが、暖房が効かないので閉めることにしたのである。

ガラス付きのリビングドアだったので、猫通路はガラスをはずせばすぐできると思ってたんだが、ガラスをはずせないタイプのドアだったので意外と苦労した。(興味がある人は「続きを読む」を見てください)

通路ができたら、あとはポリカ板に蝶番(ちょうつがい)で猫ドアをつければ完成なんだが、うちの猫はあたまが悪いので、まずは通路だけで慣れさせないと・・・。




今日のうなぎさん

【 かくれんぼの様子 】(動画時間 12 秒)







バッタか、おまえは・・・。
 

 
 
 続きを読む(猫ドア製作記、写真なし)
ニックネーム かに at 23:37| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

 スシ

おとといの夜、おいらはスーパーの寿司を食った。8個入り480円。
正直、あまりうまくなかった。
ネタに対してシャリがでかすぎるのだ。(パックズシだから当たり前なんだけど)

それでも結局食ったんだが、さすがに最後の2個ぐらいはイヤになってきて、シャリの下半分をちぎり取り、シャリとネタのバランスをよくしてから食った。


なんで寿司の話をするのかというと、次の日の朝、その寿司のパックがこたつテーブルの下に落ちていたのである。

言うまでもなく、犯人はうー公だ。


床に落ちたはずみでパックのふたが外れたようで、ガリ(しょうが)が床に散らばっている。

まったく、また汚しやがって。




ん?

ガリが散らばっているのに、ちぎったシャリが落ちていないぞ。

どこを探しても無い。奥さんに聞いても知らないという。







071129_isu-a.JPG
 <どうやらシャリを食っちまったらしい>





たしか2個の寿司のそれぞれ下半分をちぎったから、合計1個ぶんくらいのシャリを食ったことになる。





071129_up.JPG
 <酢メシ、うまいのか?>




へんなもん食って大丈夫かと心配したが、1日たってもなんともないようだ。

それにしても、ネタの乗ってない寿司なんか、猫が食ってうまいとは思えないんだが・・・。
そんなに腹が減っていたのか?
まさか、また虫でもいるんじゃないだろうな?
次に病院に行くときに調べてもらおう。






ところで、こやつはこれまで人間が食ったあとのプリンの入れ物を転がしたり、焼きそばの入れ物をゴミ箱から引っぱり出したりしたことはあったが、ここまで盛大に盗み食いしたのは初めてのことだ。

まあ盗み食いしないようじゃ一人前の猫とは言えない(?)から、それはいいんだが、初の盗み食いが酢メシっていうのはちょっとおかしい気がする・・・。







071210_castle-c.JPG
 <猫ビル遊び>


 
 
 
 
ニックネーム かに at 07:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする