2007年11月02日

 鼻の病気

動物病院でもらった目薬が、もうすぐなくなる。

この目薬は、獣医に涙と鼻水の症状を伝えて、与えられたものである。
(目と鼻はつながっているので、鼻にも効くのだ)


びびる猫を捕まえて、毎日目薬を差し続けたんだが、あんまりよくなる気配がない。というか、かえって鼻水が増えたような気さえする。





071027_hanamizu-b.JPG
 <すごい鼻水 @目薬4日目>







見たことがないほどの大量の青っ洟(アオッパナ)がでて、イスまで垂れている・・・。

ついでに小さな「ちょうちん」までできているではないか。




目薬してるのにおかしいなーと思って、昨夜、ネットであれこれ調べてみた。

遅くまで調べまくった結果、どうもこやつは、「猫ウイルス性鼻気管炎」という病気かもしれないということがわかった。

・黒い目やに
・こぼれ落ちる涙
・拾われたとき、まぶたが癒着して、目が開かなかったこと

など、いろんな点で、これに該当しているように思われる。

獣医師は「猫風邪」と言っていたが、これは素人向けにわかりやすく言ったのだろう(猫ウイルス性鼻気管炎は猫風邪の一種だ)。

今度病院に行くときに、聞いてみようと思う。





で、これが治るのかというと、「いったんかかってしまったら特効薬のようなものはない」と書かれている。目薬も、症状を抑える程度のものであり、ウイルスを駆逐することは困難なようである。がーん。

以前、とある猫ブログで見ていた猫も、ずーっと鼻が悪く、良くなったり悪くなったりの繰り返しだったから、そんな予感がしていたのだが、やっぱりそうか・・・。

いやな予感が的中してしまった。




それにしても、どこかで聞いたことのある病名だと思ったら、こないだ受けた3種混合ワクチンのうちの1つじゃないか。

鼻水が増えたのは、ワクチンを打ったからか。

すでに拾われた時には発症していたのだから、その後にワクチンを打っても遅いだろうな。

残念だが仕方ない。

ネット情報によると、体調がよくなると、症状が出にくくなるらしい。

栄養をつけて、暖かくしてやるしかあるまい。




と思ったとたん、気になることが・・・。

実はここ数日、猫がこたつに入らず、夜も窓辺で寝るようになったのだ。

窓辺は昼間は日が差して暖かいが、夜はめちゃくちゃ寒い。わざわざそんな寒い場所で寝ることはないのに、好き好んでそこで寝るのは、ひょっとして熱でもあるのだろうか?
猫の体温って、どうやって計るんだ?

ちと心配になり、病院に連れて行こうかと思ったが、ワクチンが暴れていることによる症状かもしれないと思ったので、当初の予定通り、目薬が無くなってから連れて行くことにした。








ところで、上記の窓辺の寝床は、以前日記に書いたもので、最初は窓辺に白いザブトンを置いただけだったのだが、最近はヘンな形になっている。

これだ↓





071031_nedoko-a.JPG
 <寝床外観>




071031_nedoko-b.JPG
 <中の様子>







このほうが日光が当たりやすいだろうと思ってこうしたんだが、なんだかゴージャス(死語)な感じになってしまった。

パッと見、姫川亜弓の使う天蓋付きベッドみたいではないか?

それとは関係ないと思うが、猫もたいへん気に入ってくれているようなので、満足である。




寝床に向かって耳をすますと、中からプープーという寝息が聞こえてくる。

また鼻がつまっているようだ。

このプープーが聞こえると、なんだか苦しそうで、こっちまで息が苦しくなってくる。

それで今日、買い物に行ったついでに、「しょうゆ入れ」を買うことにした。しょうゆ入れというのは、弁当に使う、あの魚の形をした小さい入れ物のことである。

こやつはあほなので、アオッパナをちり紙で拭こうとすると、ちり紙を食べてしまう。
そこで、スポイトで吸い取るという方法を思いつき、試してみることにしたのだ。

スポイトは値段が高くて「使い捨て」ができないので、安いしょうゆ入れを大量に買おうという寸法である。




ところが、3軒もまわったのに、しょうゆ入れは売っていなかった。

というか、「しょうゆ入れ」はどこでも売っているのだが、あの魚の形のがなかったのである。



そうか。魚のしょうゆ入れは、もう古いのか。

すでに昭和の遺物になっていたのか。

知らんかったなあ・・・。

仕方なく、四角い形の「ソース入れ」を買って帰った。
 
 
 
 
 
 



【鼻のことの最新記事】
ニックネーム かに at 01:50| Comment(3) | TrackBack(2) | 鼻のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
古い日記へのコメントすいません。でも目からウロコだったもので・・・
うちのメイも保護したときに、目と鼻がこわこわで、目も数十日間開かず、大変なことになっていて今も鼻炎と結膜炎みたいな、常に涙じょばじょば状態。これって慢性結膜炎なのか、ただ風邪ひきやすい体質なのかいろいろ悩んでいたのですが、ウィルス性鼻器官炎だったのですね!
そう考えると症状もぴったりしっくりきます。
こないだのワクチンにも負け、発熱してましたし・・・もうやだ〜(悲しい顔)
Posted by メイの里親☆ at 2009年04月30日 14:41
うちにも茶白ネコがいるので、動画から飛んできました。
うーちゃん←なれなれしい・・・の方が垂れ目でとぼけた感じで可愛いかなw


姫川亜弓のベッド、に爆笑! コメントせずにはいられません(笑)

お気に入りに入れます。
これからも 昭和テイスト溢れるゆる〜い日記をのぞかせて下さい。。。
Posted by さおこ at 2009年06月15日 12:32
2週間ぐらい前に拝見したブログでながいこと鼻水がとまらなくもう治らないと言われましたというのを読みましたがどなただったかなーうちの猫も鼻水で鼻がつまってブーブーいいだしてインターフェロンの投与を3ケ月したけどダメ抗生物質はのんでは吐き出してダメがく〜(落胆した顔)でもアレルギー性の鼻炎の注射をおとといしたらウソのようにピタッととまって食欲もモリモリです先生の話しによるとアレルギーの鼻炎はインターフェロンや抗生物質の薬じゃ効かないとのことです
Posted by ちゃぶろー at 2010年04月21日 20:16
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1187107

この記事へのトラックバック

こたつ&椅子セット 135cm幅椅子4脚セット
Excerpt: 良品生活2007秋冬 ダイニングハイタイプ(天然木・タモ材)こたつ&椅子セット 135cm幅椅子4脚セット↓さらに詳しい情報はコチラ↓良品生活2007秋冬 ダイニングハイタイプ(天然木・タモ材)こたつ..
Weblog: こたつセット、ダイニングこたつ通販販売情報
Tracked: 2007-11-02 12:06

リビングテーブル【ガレッタ】(オーク)こたつにもなるモダン座卓・こたつ兼用
Excerpt: リビングテーブル【ガレッタ】(オーク)こたつにもなるモダン座卓・こたつ兼用リビングに、和室に似合うモダンデザインこたつ リビングテーブルとしても使えるから一年中大活躍天板下に入った赤いラインがモダンな..
Weblog: こたつセット、ダイニングこたつ通販販売情報
Tracked: 2007-11-04 11:26